« 未来ビジョン | トップページ | 最後の砦 »

2012年1月27日 (金)

最終決断

どのような組織でも、肩書が重くなればなるほど孤独になる。
一歩先に情勢を読み、果敢に決断を下す立場になれば、
ときには冷徹非情に振る舞い、四面楚歌に追い詰められる。

人の意見に耳を傾けて、フレキシブルに動くのは基本法則だけれど、
結果に対する責任は、すべてリーダーが取らざるを得ない。
人の言いなりになって、決断を下せないリーダーなど、組織は必要としない。

人は誰でも自分の立場で考える。立つ視点でしか視野は広がらない。
会社という組織なら、絶体絶命の危機に、最後まで逃げ出せないのは社長だけ。
会社を存続させるために、全財産を注ぎ込んだうえ、返しきれない借金を負う。

社長が社長のモノサシで会社を測るように、部長は部長なりのモノサシを使い、
課長は課長なりのモノサシを使い、それぞれの立場でベストの選択を決断する。
善し悪しの問題ではなく、測る尺度が違うのだから、結論が同じとは限らない。

そうしたときに責任を引き受けるのは、肩書の重い人なのが掟。
たとえ事実がどうであれ、倒産させたのは社長ということになる。

自分の立場に基づき覚悟を決め、すべての責任を引き受けよう。
手柄をメンバーに譲るのは構わないが、最終責任を押しつけてはいけない。
GOなのかSTOPなのか、スイッチは自分の指で押す。

メンバーと意見が真っ向から対立したときは、熟慮したうえで腹を括り、
自分の判断で指示命令を下すが、理解させる努力を怠らないことが肝心。
肩書を濫用して強権を発動しても、メンバーが協力しなければ成果を導けない。

一番必要なのは、個々のメンバーの仕事を理解すること。
経理部長に任命されたからといって、振替伝票を起こすことはないけれど、
経理の基礎知識を身に付けて、メンバーが何をやっているかをわからないと駄目。

残業を命じたら、手伝うことはないけれど、お先に失礼しないこと。
たまには遅くまで付き合い、赤ちょうちんにでも誘い。愚痴や弱音を受けとめる。
メンバーと共に歩んでいると、毎日見つめていると、伝えているか。

それぞれの守備範囲を見極め、責任の限度を明らかにし、相互に理解しているか。
メンバーがリーダーに決裁を求めるのは、結果への責任を負いきれないから。
きちんと受けとめたうえで、防波堤になる決意をチームの全員に示しているか。

日頃から責任に対する姿勢が明確なら、リーダーの主張にメンバーは異を唱えない。
うまくいかなかったときに累が身に及ぶと感じるから、強硬な態度を崩せない
そこが払拭されたら、反対のための議論でなく、成功するために知恵を寄せ合う。

問われるのはリーダーとして闘っているか。八方美人になっていないか。
責任を引き受けるのは自己犠牲でなく、自分自身の確信に基づく決断だから。
そこまで突き詰める習慣を身に付けないと、なかなか胆を据えられない。

|

« 未来ビジョン | トップページ | 最後の砦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/41326109

この記事へのトラックバック一覧です: 最終決断:

« 未来ビジョン | トップページ | 最後の砦 »