« オンリーワン | トップページ | 最終決断 »

2012年1月26日 (木)

未来ビジョン

組織活動を展開する基本フローは、組織内の意見をまとめあげ組織文化を確立し、
充分に議論を尽くしたうえで、価値観を共有できるメッセージを定期的に送信し、
組織を中心としたコミュニティを築くことで、価値を浸透させる最短路を模索する。

組織の経営資源をすべて洗い出し、一人ひとりの知識や経験を全員の財産へ転換し、
組織の価値を公平に捉え直すことが、リーダーが最初に取り組まねばならない作業。
どれだけ上手に演出しても、価値の根源を疑われたら、コミュニティは広がらない。

誰に働き掛ければ最適か。置かれた環境や、価値観を形づくる背景も、
あらゆる角度から情報を収集し分析しなければ、等身大で具体的な実像を描けず、
ターゲットを絞り込む段階から成果へ繋がらない。組織の特長をどう捉えているか。

コンピュータやネットワークを活用することで、組織のアウトラインは描ける。
専門家や学者の知恵を借りれば、合理的で説得力を持つ理念を掲げられる。
諸々のコンテンツを練り上げるなら、プロのスタッフを使いこなせば良い。

しかしアプリケーションやツールを持ち込むだけでは、結果を得られない。
組織活動を通して何を目指すのか、明らかな未来ビジョンに基づいて、
わかりやすいコンセプトを伝えなければ、組織が必要とする成果に繋がらない。

組織が何を実現しようとしているか、将来を見据えた価値の根源を掘り起こす。
組織が成長し発展することで、明るい未来を予測できるなら、積極的に支持される。
組織が語り掛けようとしているターゲットを、当事者としてどれだけ巻き込めるか。

組織が選ぼうとしている未来へのビジョンを、関わる一人ひとりの言葉に置き換え、
組織の外へ向けてメッセージを発信できるか。どれだけの人を振り向かせられるか。

組織の力を示すのは、一人ひとりの持ち味を認めて、能力を最大限に引き出し、
クオリティの高い価値を創り出すこと。チームのメンバーの腕が磨かれるほど、
組織全体もレベルアップし競争力を備える。リーダーの役割は力を統合すること。

優秀なリーダーが合理的なシステムを導入しても、現場のメンバーへ伝えられねば、
理解と共感は得られず、システムの特長を活かせず、組織を機能的に運営できない。
人の心に響くメッセージも、組織全体で認知されていなければ、形骸化していく。

一人ひとりと真正面から向き合い、個性を尊重したうえで成長できるように指導し、
組織の価値を等身大で伝えて、深く浸透させる努力を積み重ねているか。
個人をベースにした組織に革新できなければ、社会的に深い共感を生み出せない。

組織に関わる人それぞれが、働き甲斐を実感し、意欲的に役割を果たすことで、
組織の意思は好意的に受けとめられ、幅広い層からの賛同と参加を促す。
言葉だけを巧みに操っても、心が伴わねば、人の心はコントロールできない。

組織の未来を信じ、胸を張って行動する人を、全面的にサポートできるか。
個々人の知識と経験を結集し、組織の価値を説得できれば、
組織の力をフレキシブルに展開し、未来の成長と繁栄へ結びつけられる。

|

« オンリーワン | トップページ | 最終決断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/41326100

この記事へのトラックバック一覧です: 未来ビジョン:

« オンリーワン | トップページ | 最終決断 »