« 喧嘩の作法 | トップページ | 逆境の打破 »

2011年11月 3日 (木)

リーダーの検証

あなたがリーダーとして認める人は、
メンバーと共に行動するとき、どのように問題を理解していたか。
メンバーの意見や提言をどう調整し、成果水準の維持向上をどう管理していたか。

できるだけ詳細に思い出して、具体的にノートに書き記してみる。
そのリストはあなたの行動とどれだけ重なり合うか。
一致しないところがあるとしたら、その原因はどこにあるのか。

あなたがリーダーとして認めない人は、
どのようなときに、リーダーシップを発揮していないか。
できるだけ具体的に事例を書き出し、その理由についても考えてみる。

あなた自身に同じようなケースはなかったか。それはどうしてだったのか。

あなたをリーダーとして認めないのは誰か。それはどのような場面で起こったか。
他の人たちはどう反応し、あなたはどのように感じたか。
最終的にどのような結論を導いたか。それはあなたに納得できるものだったか。

あなた自身は他の人を認めているか。
認めないとしたら、どのような理由があるのか。それは適切な判断なのか。
認めない人に対して、あなたはどのように接しているか。それでどうなったか。

あなたがリーダーとして仕事を進める際に、仕事の全体像をどのように把握するか。
それは常に適切だったか、過去を遡り具体的な事例で検証する。
どのようなときにうまくいったか。どのようなときに失敗したか。

あなたが自分だけの作業を進めるとき、自分自身の行動をどう観察しているか。
その能力を高めるのはどのような方法か。さらに高めるにはどうすれば良いか。
あなたが作業を進めるプロセスは、他の人にどのような影響を及ぼしているか。

あなたは他の人との共同作業で、どのようにリーダーシップを発揮できるか。
案件ごとに10項目を挙げてみる。10項目に及ぶまで繰り返し考える。
その際に大事なのは、実現可能な行動目標。絵に描いた餅では観念のお遊び。

ヒントになるのは3つの視点、
問題の発見と理解、意見や提言の調整、成果水準の維持向上。
それぞれに、あなたに何が足りないか、具体的な課題を明らかにする。

あなたは今、どのような行動を新たに起こすべきか。
行動を起こすべき主体としてのあなたを、あなたはどのように把握しているか。

人は生まれながらにしてリーダーではないから、リーダーと意識しないと、
チーム全体よりも自分自身を優先させてしまう。そこに悪意はない。

しかし、今のあなたの立場は紛れもなくリーダー、チームを統合する役割。
どうすればリーダーとしてチームに貢献できるか、常に問い直さねばならない。

|

« 喧嘩の作法 | トップページ | 逆境の打破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/41324509

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーの検証:

« 喧嘩の作法 | トップページ | 逆境の打破 »