« 問題の発見 | トップページ | 考える習慣を身に付けさせる »

2011年10月28日 (金)

意見や提言の調整

1 考えるヒントを提供する
斬新で画期的な意見は劇的な変化を導くが、実際には極めて稀にしか生まれない。
できるだけ多くの意見に耳を傾け、問題を解くのに適した意見が登場したときに、
皆がそれに気づく環境を整えるほうが重要。リーダーが言葉を遮っていないか。

2 有用な思考を真似る
ほとんどの新しい思考は、既存の思考を改善したり加工したり、組み替えたりする。
さまざまな思考のソースを検索し、整理して、現場に落とし込めるよう準備する。
オリジナルに対してどこが違うのか、きちんとわきまえて利用したほうが良い。

3 メンバーの意見を練り直す
どんな意見も最初から完璧ではない。未熟な意見と切り捨てない。
さまざまな角度から創意工夫を凝らし、形になるように皆で仕上げる努力を促す。
意見交換の習慣が身に付けば、メンバー個々の思考が深耕されていく。

4 目的へのミッションを最優先する
大きな問題を解決するには、たくさんの人の協力が必要。チームワークを重視する。
多数決の原理に従いがちだが、それが誤っている場合には不適切な解決へ至る。
リーダーは冷静に見極めたうえで、目的へのミッションを最優先する。

5 メンバーの意見に耳を傾ける
限られた時間でプレッシャーを受けても、メンバーの意見を簡単に切り捨てない。
自分の意見が不当な理由で排除されたら、目的を達成する意欲を失う。
すべての意見を検討し、可能性を見いだせれば、目的達成のスピードは速まる。

6 メンバーのアイデアを検証する
組織全体に視野を広げ、当面の問題解決から遠いものでも、
飛躍と発展に結びつくなら積極的に分析、評価。
さらに一歩を踏み込める可能性があれば、改善して提案する態勢を取る。

仕事を効率的に進めようとするほど、異論は夾雑物のように思えてくるが、
内容が複雑になったり、状況が変化したり、さまざまな可能性を問われるときに、
異論は新しい提言として有効になる。パラダイムを打破するのは常に異論。

未熟な意見に耳を傾け、丁寧に可能性の萌芽を探り出すと、視野が開ける。
自分なりに解釈せず、素直な気持ちで質問を繰り返し、真意を受けとめる。
リーダーが謙虚な姿勢で臨めば、メンバーは積極的に提言するようになる。

どのような思考も置かれた環境の影響を受け、過去の連鎖を断ち切れない。
言葉を重ね合わせていけば、間違いなく共有領域を見いだし、合意を得られる。
リーダーのメンバーに対する眼差しに、共感への意思が宿っているか。

個々のメンバーの能力が高まり、仕事の内容が複雑になるほど、
リーダーに問われるのは調整力、さまざまな意見の交通整理、的確な判断。

必要不可欠なのがリーダーの理解力、基礎知識を見直すためにも毎日が勉強。

|

« 問題の発見 | トップページ | 考える習慣を身に付けさせる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/41324448

この記事へのトラックバック一覧です: 意見や提言の調整:

« 問題の発見 | トップページ | 考える習慣を身に付けさせる »