« 必要な人材 | トップページ | 一流のリーダーから学ぶ »

2011年9月 9日 (金)

存在感

組織の中を上手に泳げる人は、それほど実力がなくても肩書が重くなる。
お世辞ひとつ言えない不器用な人は、若い人から慕われても役職は上がらない。
能力評価が急速に浸透している一方で、パターン化した組織人事も残っている。

人が人を評価することの難しさは、点数だけでは割り切れないから。
同じ人物を対象にしても、視点がそれぞれ異なれば、評価も自ずから違う。
評価者が代わると60点が100点満点、どちらが正しいか誰も断言できない。
 
ハッキリした差がないのなら、使いやすい人を重用する。
組織は学校ではないから、多数決で仕事は進められない。
指示命令に何の疑問も抱かず、すぐに行動したほうが可愛がられる。

同じ大学を出た先輩を頼って、同郷の上司に身を寄せていく。
コネを上手にたどっていけば、面倒を見てもらえるシステム。
どの組織にも派閥はないはずだが、派閥内部の人間しか信用されない。

仕事は一人だけでは実現できないから、どうしても人と人とが群れる。
何としても勝ち残らねば、組織も個人も潰されるから、お互いに保険をかける。
きれい事だけで済まされるほど、組織はヤワな世界じゃない。

心から尊敬できる上司がいたり、ホンネを洩らせる先輩がいたら、
師弟関係を築いても構わないが、ソックリさんにならないこと。
学ぶべきは素直に学び、一線を引くべきは引き、自分らしさを失わない。

周囲の人の力を上手に使い、バランス感覚を保ち、仕事のイニシアティブを握る。
上司や先輩に誘われたら、頑なに拒むこともないが、尻尾を振るのも慎みたい。
相手を立てながら、自分を売り渡さず、それでいて八方美人にもならない。

組織の力学に負けない唯一の方法は、仕事のうえで必要な人になること。
組織を成長させるパワーがあると判断したら、迂闊に障害にならない。
思う存分に働かせたほうが、組織のブラスになると、きちんとわかっている。

大事なことを決めるときに、上からも下からも相談されているか。
自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭で考えているか。
どんなに立派な弁舌を振るっても、借り物の言葉なら見透かされる。
朴訥な言葉をたどたどしく語っても、その人の生き方が伝われば心に響く。

メンバーをバートナーにできれば、チームワークで目標達成できる。
派閥の論理に背を向けても、組織内で一目置かれる人になる。
自分の計算で仕事を組み立て、アベレージの高い結果を積み重ねる。

尊敬できる上司や先輩に仕えるときも、敬遠したい上司や先輩に仕えるときも、
同じスタンスで成果をあげるためには、自分自身の位置をシッカリと確かめ、
フレキシブルな対応を心がける。好き嫌いで動いちゃいけない。

存在感のある人は内側から輝くから、衣装で自分を誤魔化さない。

|

« 必要な人材 | トップページ | 一流のリーダーから学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/41323959

この記事へのトラックバック一覧です: 存在感:

« 必要な人材 | トップページ | 一流のリーダーから学ぶ »