« コミュニケーションのチェックシート | トップページ | リーダーの役割(2) »

2011年9月26日 (月)

リーダーの役割(1)

上から下への指示命令や、下から上への報告や提言を、
事実に基づき、相手が理解できるように伝えられるか。

長い文脈を読み解き、的確かつ簡潔にまとめ、誰にでもわかりやすく
言葉や表現を最適に置き換えられるか。誰かに試されたことはあるか。

そのプロセスで主観が入り込むのは構わないが、
伝えようとする側の真意を歪めていないか。誤解を招く要素はないか。

前提になるのは組織内での価値観の共有。何を大切にして、何を優先するか。
リーダーとしてメンバーと充分に話し合い、認識を一致させているか。

こうした作業で手を抜くと、組織内の意思疎通は伝言ゲームになり、
正確に伝わらなくなるから、上から下まで恣意的に動き始める。

あなたは組織の理念や精神を腹に落とし込んでいるか。

あなたは組織の計画や指針を噛み砕いて説明できるか。

あなたは指示命令の意図を正しく受けとめられるか。

あなたは業務内容と関連を詳細に知っているか。

あなたはメンバーの思考パターンを把握しているか。

あなたはメンバーが目指すものを理解しているか。

あなたはメンバーの履歴や能力を知っているか。

問われるのは利他の意識、自分を後回しにして全体に貢献できるか。
組織の目的を踏まえて、全体が潤うことを強く意識して行動できるか。
メンバーの防波堤になり、一人ひとりが成長する環境を整えられるか。

自分自身への利益誘導は、物事の本質を歪めて曇らせる。
後付けの論理は、事実を都合良く組み合わせ、肝心なところを切り捨てる。

公平かつ客観的な視点から事実を捉え、事実を踏まえて想像力を働かせ、
皆にプラスをもたらせるように伝えているか。伝わったことを確かめているか。

その際にも問われるのは自分自身、どのような傾向があると認識しているか。
どこに価値基準を置き、どちらを向いているか。客観的に把握しているか。
自分の言動がどのように影響を及ぼすかをわきまえているか。

伝え方ひとつで組織は求心力を高めるし、伝え方ひとつで組織は機能しなくなる。
同じ内容を伝えても、表し方で受け取り方は変わってくる。
今までの自分の言動を思い起こし、整理するのが最初の作業。

|

« コミュニケーションのチェックシート | トップページ | リーダーの役割(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/41324095

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーの役割(1):

« コミュニケーションのチェックシート | トップページ | リーダーの役割(2) »