« 『変身』(カフカ) | トップページ | 組織とリーダー »

2011年8月 6日 (土)

『地下生活者の手記』(ドストエフスキー)

ドストエフスキーが生まれたのは1821年、
モスクワのマリヤ貧民救済病院の医師の二男である。

10歳のときに父が農奴6人の村を手に入れ、理想的な農村社会を形づくろうとしたが、
18歳のときに農奴の恨みを買った父が惨殺される。

17歳でペテルブルグの工兵士官学校に入学し、卒業後は工兵廠に勤めたが1年で辞職し、
学生時代に耽読したプーシキンやゴーゴリの影響を受け、職業作家への道を進もうと決意する。
処女作は、1845年に刊行された『貧しき人々』である。

その後に空想社会主義への関心を深め、フーリエの思想を学ぶサークルに接近したが、
逮捕されて死刑の判決を受ける。
銃殺の直前に皇帝の特赦があり、シベリアの監獄に繋がれることになる。
この異常な体験は『白痴』や『罪と罰』の中で、生々しく物語られている。

4年間の懲役を終えて、5年間を中央アジアのセミバランチスクで兵卒として勤め、
ようやくペテルブルクへの帰還を許される。

兄ミハイルと共に雑誌『時代』を創刊し『死の家の記録』や『虐げられた人々』を発表する。
暗く重い作風が確立されていった。

『時代』は長続きせず、次いで創刊された『世紀』もうまくいかなかった。
さらにドストエフスキーにはてんかんの持病があり、賭博にのめり込む悪癖もあった。
生活が逼迫する中で、しかし『白痴』『罪と罰』『悪霊』『永遠の夫』と、
次々に名作が生み出されていった。

1875年に『未成年』を刊行し、
79年から80年に生涯の総括とも呼べる『カラマーゾフの兄弟』を書き上げる。
この頃になってドストエフスキーの名声は高まったが、
1881年に肺動脈破裂で逝去する。

『地下生活者の手記』が刊行されたのは1864年、
数多くの長編を手がける前であり、さまざまな伏線がちりばめられている。
閉ざされた空間の中でのモノローグという設定も、
社会という開かれた空間では生きられない孤独感が漂う。

ここで描かれる小官吏の言葉は独善的で、他者を平気で傷つける。
自分は居直ったままで、他者に無限の理解を求める。
醜悪な業の深さに思わず目を背けると、
文章の中に描かれているのは自分自身と気づかされる。

意識したときから、人はしだいに病んでいく。

さまざまな想念を思い巡らせながら、人は肉体という牢獄に押し込められている。
私とあなたは、ついに交わらない。
その事実を踏まえなければ、コミュニケーションをとれない。
「自立」というテーマを考えるとき、示唆されている問題は果てしなく深い。

|

« 『変身』(カフカ) | トップページ | 組織とリーダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/40311028

この記事へのトラックバック一覧です: 『地下生活者の手記』(ドストエフスキー):

« 『変身』(カフカ) | トップページ | 組織とリーダー »