« サブカルチャーを読むヒント01 | トップページ | 大衆文化と風俗を読むヒント01 »

2011年5月30日 (月)

サブカルチャーを読むヒント02

① 未知の世界を覗いてみよう

世間から認知されていないエリアには、
危険な匂いがするだけでなく、
ワクワクするような新しい発見もあり、
人生観が根本から覆されます。
先入観を持たずに接すれば、
本当の自分と出会えるかも知れません。
素直な気持ちで飛び込んでみましょう。

② アウトローの魅力とは何か

一般社会では受け入れられない人たちが、
舞台の中央でスポットライトを浴びるのも、
サブカルチャーの特長の一つです。
犯罪者や脱落者と烙印を押されながら、
なぜキラキラ輝いて見えるのでしょうか。
自分の心と共鳴する部分に、
深くこだわることです。

③ メッセージは届いているか

耳に聞こえる音楽より、
その奥に秘められている魂の叫びに、
ジックリ耳を傾けることです。
世の中の基準から外れていても、
心で感じることができるから、
文化として向かい合えるのです。
自分とサブカルチャーを繋ぐ絆を、
自分自身の中で確かめましょう。

④ 異端の系譜を追ってみよう

私たちの心の奥深いところには、
暗く陰湿なものが隠されています。
人間は、同族を殺せる生きものなのです。
罪深い存在です。
昼間の世界から追放された真実を見据えて、
悲しさや切なさもわかったうえで、
ポジティブに人間を信じることが大切です。

自分が置かれた状況から世界を見るだけでは、
逆境に追い込まれたら一歩も進めないでしょう。
イマジネーションを最大限に働かせて、
世界の果てまで探検してみましょう。

|

« サブカルチャーを読むヒント01 | トップページ | 大衆文化と風俗を読むヒント01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/38997255

この記事へのトラックバック一覧です: サブカルチャーを読むヒント02:

« サブカルチャーを読むヒント01 | トップページ | 大衆文化と風俗を読むヒント01 »