« ヒットセラーを裏読みする01 | トップページ | フィクションを裏読みする01 »

2011年5月26日 (木)

ヒットセラーを裏読みする02

① 商品は街に溢れていたか

ショッピングでは、
目の前に陳列されている商品の中から、
気に入った1点を選ぶのが普通です。
商品量が豊富なら印象も強くなります。
目に入るチャンスが多い商品ほど、
潜在ニーズを掘り起こします。
店頭に在庫がなければ、商品は売れません。

② CFの人気は高かったか

TVに流れるCFは、意識に鮮やかに刷り込まれます。
映像のイメージと商品が結びつき、
パッケージを見るたびに心地よくなります。
明らかに消費者は、商品を買っているのではなく、
気分にお金を払っているのです。
そうした意味で、CFの好感度は重要です。

③ 話のネタになっていたか

口コミで評判の高い商品は、
根強い人気に支えられて売れます。
どう考えても必要ない人まで、
手に入れようと東奔西走します。
商品がコミュニケーションのきっかけになり、
仲間と盛り上がるパスポートになっているのです。
持っていなければ仲間外れです。

④ プレッシャーを与えたか

パソコンやPADなどの商品は、
やらなければならない雰囲気に押されて、
使い方のわからない人まで買ってしまいます。
どれだけの人が利用しているのかと
疑問を感じながらも、
今すぐ手に入れなければ、
時代の流れに取り残されると思うのです。

どんな優れた道具でも、
使われなければガラクタです。
メーカーや小売店が攻め続ける
イメージ戦略に惑わされず、
どうしても必要な商品を買いましょう。

|

« ヒットセラーを裏読みする01 | トップページ | フィクションを裏読みする01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/38995683

この記事へのトラックバック一覧です: ヒットセラーを裏読みする02:

« ヒットセラーを裏読みする01 | トップページ | フィクションを裏読みする01 »