« 記録と資料を裏読みする02 | トップページ | ヒットセラーを裏読みする02 »

2011年5月25日 (水)

ヒットセラーを裏読みする01

爆発的に売れた商品は、
消費者に訴える力が強く、
魅力があったと思われます。
ところが、消費者ニーズを過熱気味に煽り、
パブリシティを最大限に活用して、
ヒットチャートの上位にランクされる商品もあります。
売れている情報で、ますます売上が伸びます。

著者が書籍の印税を注ぎ込めば、
作為的にベストセラーもつくれます。
初版の段階から10万部の買上を約束し、
全国紙に大きな広告を打つ費用をポンと出し、
とうとうミリオンセラーにまで押し上げた例もあります。
著者の目的は、知名度を高めることでした。

宗教団体の指導者の本などは、
信者が書店まで走りますから、
ベストセラーになる可能性は大きくなります。
売れていることで一般の読者の注目を集め、
結果的には布教活動の役割も果たします。
新興宗教の組織では、よく見られる手法です。

人気タレントの愛読書と紹介されたとたん、
口コミであっという間にファンに広まり、
刊行されて時間の経過していた本が、
たちまちベストセラーになったこともあります。
雑誌の特集やTV番組で煽られるほど、
読者は強迫観念に襲われたようです。

高級感を演出する商品では、
市場から実物を消してしまい、
数ヶ月待ちの状態をつくることで、
ますますニーズを高める方法をとります。
もちろん値引きは一切しません。
高額であればあるほど、
選ばれた意識を満足させます。
値打ちを傷つけないのです。

消費者は商品そのものではなく、
商品のメッセージを欲しがります。
商品を手に入れた経済力やセンスを、
周囲に認めてもらいたいのです。
売れている商品は、
消費者に安心感と保証を与え、
買うことで、
時代の波に乗り遅れない気分にさせます。

|

« 記録と資料を裏読みする02 | トップページ | ヒットセラーを裏読みする02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/38995658

この記事へのトラックバック一覧です: ヒットセラーを裏読みする01:

« 記録と資料を裏読みする02 | トップページ | ヒットセラーを裏読みする02 »