« 読書カードをつけてみよう01 | トップページ | フォーラムに参加しよう01 »

2011年3月19日 (土)

読書カードをつけてみよう02

① 時系列でファイリング

本を読み終わった順に並べておくと、
ものの見方考え方の移り変わりが、
手に取るようにわかります。
自分の置かれた状況で、
選定基準が異なるのです。
仕事の内容によっても違いますし、
追い風のときと向かい風のときでも、
読みたい本は変わってきます。

② テーマ別にファイリング

読んだ本のテーマを、
自分の判断基準で分類して、
並べ替えてみましょう。
本屋さんの棚分類に従うのではなく、
仕事とか趣味とか、
ライフスタイルに沿って分けたほうが、
人生のビジョンを描くときに役立ちます。
年代によっても、
テーマは変化するものです。

③ 再読して感想を比べよう

同じ本を読んでも、
1度目と2度目では受け取り方が異なります。
ときとしては180度違う印象を持ち、
驚かされることも珍しくありません。
成長であるのか、退行であるのか、
自分自身の胸に手を当て、
考えるチャンスと喜べば良いのです。

④ 自分の言葉で記録しよう

読書カードは、純粋に自分のためのものです。
他の人にわからせようとか、
よく思われようとか、
よけいなことを考える必要はありません。
ツマラないと感じたら、
「くだらない」と書いても差し支えありません。
素直な気持ちをストレートにぶつけましょう。

本を読むことは、
自己完結化した目的ではなく、
あくまで自分を成長させる手段です。
読書というプロセスを、
血肉化することが肝心です。

|

« 読書カードをつけてみよう01 | トップページ | フォーラムに参加しよう01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/38968578

この記事へのトラックバック一覧です: 読書カードをつけてみよう02:

« 読書カードをつけてみよう01 | トップページ | フォーラムに参加しよう01 »