« 図書館の上手な使い方01 | トップページ | ミュージアムを覗こう01 »

2011年3月 9日 (水)

図書館の上手な使い方02

① 視聴覚をフル稼働しよう

図書館には書籍や雑誌などの
資料だけでなく、
フィルムやレコードなど貴重な財産、
利用させてくれるところもあります。
基本的には貸出には応じませんが、
館内では映像に接したり
プレイヤーで聴くことができます。
司書の方に問い合わせてみましょう。

② 読み聞かせに参加しよう 

図書館を会場にして、
絵本や児童書を読み聞かせる会。
読み手として参加することにも
意義がありますが、
子どもを連れて行くだけでも、
充分に価値はあります。
懐かしい話を耳にしていると、
のんびりと癒される気分。

③ 郷土史に興味を持とう 

公共図書館には、
必ず郷土のコーナーがあり、
貴重な資料が散逸されずに、
ていねいに保存されています。
手に取ることのできるものも多く、
この機会に郷土の歴史や産業に触れましょう。
地域社会はキーワードです。

④ 講演会や読書会もある 

図書館と市や県の主催で、
定期的に読書会が開かれたり、
文化人を招いた講演会が開かれたり、
さまざまな活動が展開されています。
思いがけない出会いが待っているかも。
積極的な姿勢で関わると、
新しい発見もあるでしょう。

図書館は珍しい文献や
市販されていない資料が、
司書の努力で整備された宝の山。
情報源として重要な存在。

|

« 図書館の上手な使い方01 | トップページ | ミュージアムを覗こう01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/38968201

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館の上手な使い方02:

« 図書館の上手な使い方01 | トップページ | ミュージアムを覗こう01 »