« 退くからそこを付け込まれる03 | トップページ | 本屋さんの上手な使い方02 »

2011年3月 6日 (日)

本屋さんの上手な使い方01

情報と出会える場所は、
いろいろ考えられますが、
手軽に利用できるという点では、
何といっても本屋さんが一番でしょう。
本屋さんは全国に20,000店以上、
私たちにとって身近な存在です。

下駄履きで覗けるような街の書店から、
ターミナルに売場を構えている大型書店まで、
機能や役割は実にさまざまです。
郊外の道路沿いにも出店しています。

年間に刊行される書籍は3万点、
市販される雑誌も数多く、
大きな書店を探しても、
欲しい本が見つかりません。

手に入れたい本がハッキリしているなら、
書名と出版社名をメモに書いて、
本屋さんのカウンターで尋ねましょう。
店頭に在庫していない本でも、
『日本書籍総目録』や
出版ネットワークのデータを調べ、
流通している本なら取り寄せてくれます。

大手の取次店(本の問屋さん)や
大型書店、一部の出版社では、
ホームページを開いていますから、
キーボードを叩くだけで注文でき、
支払は指定の金融機関に振り込み。

|

« 退くからそこを付け込まれる03 | トップページ | 本屋さんの上手な使い方02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/38968087

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋さんの上手な使い方01:

« 退くからそこを付け込まれる03 | トップページ | 本屋さんの上手な使い方02 »