« 厳しいお客さまこそ本当の味方02 | トップページ | 厳しいお客さまこそ本当の味方04 »

2011年1月 2日 (日)

厳しいお客さまこそ本当の味方03

「おまえのところの
商品など、
並べたって
売れるわけがない!」

「どうして、
そうお考えになるのですか?」

「今までだって、
問屋に勧められて
置いてみたが
全然売れてないし、
第一、
誰も知らないんだから、
手に取ることさえ
ないだろうし、
売場の場所塞ぎになるだけ」

「どのような商品を、
どう陳列して、
どんな結果だったのでしょうか?」

「そんなこと
いちいち覚えてるか。
カタログを眺めても
食指を動かされないよ」

「では、
どのような商品なら
魅力的に
映るのでしょうか?」

この辺りに来ると、
何がネックになってるか
明らかにされる。
たいていの営業マンは、
お客さまの言葉に押されて、
その場を取り繕おうとするから、
問題点が見えてこない。

お客さまにしても
確信があるわけじゃなく、
営業マンが煩わしいから
追い返したいだけ。

|

« 厳しいお客さまこそ本当の味方02 | トップページ | 厳しいお客さまこそ本当の味方04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33669070

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいお客さまこそ本当の味方03:

« 厳しいお客さまこそ本当の味方02 | トップページ | 厳しいお客さまこそ本当の味方04 »