« 甘い誘惑に引きずられてないか02 | トップページ | 甘い誘惑に引きずられてないか04 »

2010年12月23日 (木)

甘い誘惑に引きずられてないか03

肝心なのは
同じテーブルのものを
飲み食いし、
同じ時間を共に楽しく
過ごすこと。
商談の内容については、
その場では
触れないのが原則。

だからといって
単に飲み食いするだけでは、
お客さまは
「ご馳走さま」でオシマイ。
何らかのプレッシャーを
感じさせなきゃ、
注ぎ込んだお金も時間も
無駄になる。

肝心なのは、
緊張を緩めないこと。

お客さまを
楽しませながら、
さり気なく
仕事の関係と
思い出させる。
自分も楽しみたいなら
自腹を切れ。

鼻先に人参を
ぶら下げられても、
食いつかないのが
営業マン。
かけた経費は
回収する覚悟を
求められる。

|

« 甘い誘惑に引きずられてないか02 | トップページ | 甘い誘惑に引きずられてないか04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33668820

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い誘惑に引きずられてないか03:

« 甘い誘惑に引きずられてないか02 | トップページ | 甘い誘惑に引きずられてないか04 »