« 落ちるなら、どん底まで落ちろ01 | トップページ | 落ちるなら、どん底まで落ちろ03 »

2010年12月 2日 (木)

落ちるなら、どん底まで落ちろ02

そこで自分としては
一所懸命に頑張って、
昼飯抜きで
お客さまを訪問すると、

「書き入れどきに
邪魔なんだよ、
少しは
人の迷惑も考えろ」

一喝されて、
引き下がるしかない。
時刻をずらして再訪すると、
今度は担当者の休憩時間。

食堂にまで押しかけると、
熱意を認められるどころか、
またまたお目玉。

気を取り直して次の店へ。
そこでも担当者の
不機嫌な顔。

「お宅の商品、
売れないし、
悪いけど
売る気にも
なれないんだよね」

食い下がろうにも、
取りつく島がない。
前に立ちはだかると、
避けて通られる。
小売店が
閉店する時刻まで、
どこでも
何も受注できない。

|

« 落ちるなら、どん底まで落ちろ01 | トップページ | 落ちるなら、どん底まで落ちろ03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33667450

この記事へのトラックバック一覧です: 落ちるなら、どん底まで落ちろ02:

« 落ちるなら、どん底まで落ちろ01 | トップページ | 落ちるなら、どん底まで落ちろ03 »