« 甘い誘惑に引きずられてないか05 | トップページ | お客さまの具体像を描けるか02 »

2010年12月26日 (日)

お客さまの具体像を描けるか01

どんな商品やサービスを
扱うにしても、
中間に流通が
絡んでるにしても、
最終的に
誰がお金を払うのか、
その姿が見えないことには、
営業マンは闘えない。

問屋や小売店の担当者を
口説き落としても、
できるのは
商品を店頭に並べるまで。
その先のお客さまが
財布を開かなきゃ、
次の仕入は起きない。

そんなことはわかってるから、
営業マンは
ファイルをひっくり返し、
インターネットにアクセスし、
マーケティングの本を読み漁り、
市場を理解しようと考える。

メーカーの営業マンより、
お客さまに近いのは
小売店だから、
担当者の話に耳を傾け、
店頭のデータを
ありがたく頂戴する。
会社へ戻ったら、
すぐさま分析。

|

« 甘い誘惑に引きずられてないか05 | トップページ | お客さまの具体像を描けるか02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33668853

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまの具体像を描けるか01:

« 甘い誘惑に引きずられてないか05 | トップページ | お客さまの具体像を描けるか02 »