« 自分の尻は誰も拭いてくれない01 | トップページ | 自分の尻は誰も拭いてくれない03 »

2010年11月22日 (月)

自分の尻は誰も拭いてくれない02

私の責任と
刃を突きつけられて、
逃げるか、
逃げないか。
殺されるわけじゃなし、
会社を辞めろと
迫られてるわけじゃなし。

間違っちゃいけないのは、
始末書は単なるケジメ。
後の態度が大事。
ヨソのお店で聞いた話を、
他のお客さまの前で
口を滑らして、
それがウワサになって、
大口の取引先の
幹部がカンカン。
社長と専務が
すっ飛んでいって平謝り。

もちろん始末書を書かされ、
こっぴどく叱られたが、
私の上司が偉いのは、
安易に担当を
代えたりせずに、
信用されるまで
やり直させたこと。

そりゃ大変ですよ。
大口の取引先を訪問しても、
誰も目を合わせない。
口も利かない。
何度足を運んでも
埒が明かない。
自分の蒔いた種だって、
ほとほとイヤになる。

|

« 自分の尻は誰も拭いてくれない01 | トップページ | 自分の尻は誰も拭いてくれない03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33667200

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の尻は誰も拭いてくれない02:

« 自分の尻は誰も拭いてくれない01 | トップページ | 自分の尻は誰も拭いてくれない03 »