« どうして人に遠慮してるのか05 | トップページ | 自分の尻は誰も拭いてくれない02 »

2010年11月21日 (日)

自分の尻は誰も拭いてくれない01

私が勤めてた会社には、
私専用の
始末書綴りがあった。
最初に始末書を書いたのは
入社二年目で、
ハラハラドキドキしたけど、
係長になったら加速して、
何かあるとすぐに私の責任。
その当時はイヤだったが、
今となっては財産。

私が身体に
叩き込まれたのは、
自分の尻は
自分で拭くこと。
落とし前をつけるために、
上司が同行して
頭を下げてくれても、
最後の後始末は
自分でつけなきゃ、
お客さまは
信用してくれない。
いつになっても
使い走り扱い。

始末書を書かされるには、
それなりの理由がある。
私がどう思おうと、
会社は
「ケシカラン」と考えてる。
それだけで充分、
争う必要はない。

|

« どうして人に遠慮してるのか05 | トップページ | 自分の尻は誰も拭いてくれない02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33667188

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の尻は誰も拭いてくれない01:

« どうして人に遠慮してるのか05 | トップページ | 自分の尻は誰も拭いてくれない02 »