« 名刺の肩書に振り回されるな03 | トップページ | 名刺の肩書に振り回されるな05 »

2010年10月20日 (水)

名刺の肩書に振り回されるな04

ここで無理な
背伸びはしない。
だからといって
遠慮もしない。
跳ねっ返りの
生意気小僧として、
言いたいことは口にする。
お客さまは
手を焼くような振りをして、
私を甘やかしてくれる。
本当に力がある人なら、
思いっきり
ぶつかったほうが
面倒を見てくれる。

「常務ほどの方が、
どうしてこの場で
決めてくださらないのですか」

「社長の見識なら、
お迷いになるところは
ひとつもないでしょう」

私は平気で
偉い人を追い詰める。
面子を潰しさえしなければ、
偉い人ほど
鷹揚に構えてくれるから、
小さな会社の営業マンを
包み込む。

|

« 名刺の肩書に振り回されるな03 | トップページ | 名刺の肩書に振り回されるな05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33640162

この記事へのトラックバック一覧です: 名刺の肩書に振り回されるな04:

« 名刺の肩書に振り回されるな03 | トップページ | 名刺の肩書に振り回されるな05 »