« 相手の目を見て話してるか05 | トップページ | 名刺の肩書に振り回されるな02 »

2010年10月17日 (日)

名刺の肩書に振り回されるな01

お客さまと
営業マンが
名刺を交換するとき、
お互いに肩書を調べて、
一瞬のうちに値踏みする。
別の会社に勤めているのに、
肩書の重いほうが
偉いように感じる。

それでなくとも営業マンは、
お客さまに
決定権を握られてるように
錯覚してるから、
偉い人と思った段階で、
すでに勝負はついている。
闘う前から負け戦。

私は、偉い人が出てくると、
「しめた」と考えた。
偉い人は
裁量権が大きいので、
決まるとなれば話が早い。
偉い人は
社会的な立場を重んじるので、
公式見解に
忠実に従ってくれる。
偉い人は
周囲の目を気にするので、
筋の通った言葉には
逆らえない。

|

« 相手の目を見て話してるか05 | トップページ | 名刺の肩書に振り回されるな02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33640137

この記事へのトラックバック一覧です: 名刺の肩書に振り回されるな01:

« 相手の目を見て話してるか05 | トップページ | 名刺の肩書に振り回されるな02 »