« 野次馬精神が活力源になる05 | トップページ | 悪く捉えるな楽観視しろ02 »

2010年10月 2日 (土)

悪く捉えるな楽観視しろ01

私は営業マンだった頃、
マムシと呼ばれるほど強面で、
気が強いと思われていた。

ところがどっこい、
肝っ玉は小さく、
いつも余計なことを考える。

地方へ出張するときなど、
新幹線の中では
ひとりっきり、
膝がガクガク震えてる。

お客さまの顔を
思い浮かべながら、
前回通りに
やってくれるかと
不安に襲われる。

行ってみなきゃ
わからない、
そんなことは
わかってる。
でも、
受注額が高くなるほど、
それを上回る
自信を持てない。
断られる
シチュエーションは
いくらでも予測でき、
うまくいくとは思えない。

|

« 野次馬精神が活力源になる05 | トップページ | 悪く捉えるな楽観視しろ02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33635938

この記事へのトラックバック一覧です: 悪く捉えるな楽観視しろ01:

« 野次馬精神が活力源になる05 | トップページ | 悪く捉えるな楽観視しろ02 »