« 見て、触って、嗅いで、覚える03 | トップページ | 見て、触って、嗅いで、覚える05 »

2010年8月21日 (土)

見て、触って、嗅いで、覚える04

競合他社の商品を
見るときも、
客観視など
する必要はない。
どうすれば勝てるのか、
どのように説明すれば
差別化できるか、
徹頭徹尾追求するのは、
優位に立つための戦術。

営業マンは
学者じゃないから、
第三者の意見に
耳を貸さなくて良い。
大切なのは
自分自身が商品を
信じられるかどうか。
信じるに足る
根拠を集められるか。

どれだけ
資料やデータを揃えて
情報を蓄積しても、
それは
商品知識とは呼べない。
商品への熱い思い、
お客さまへ届けたい
ミッション、
それが根底に
流れていなければ、
会社は
営業マンを必要としない。

|

« 見て、触って、嗅いで、覚える03 | トップページ | 見て、触って、嗅いで、覚える05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33613157

この記事へのトラックバック一覧です: 見て、触って、嗅いで、覚える04:

« 見て、触って、嗅いで、覚える03 | トップページ | 見て、触って、嗅いで、覚える05 »