« 営業の伝道師04 | トップページ | 営業の伝道師06 »

2010年7月 9日 (金)

営業の伝道師05

ところが
創業3年目の会社に就職し、
本物の営業マンになったとたん
鳴かず飛ばず。
朝から晩まで駆けずり回り、
1件も受注できず、
会社へ戻れば怒鳴られて、
よほど辞めようと思ったが、
尻尾を巻いて
逃げるのがイヤで、
断られても、
断られても、
お客さまへ食らいついた。
その一方で、
ない知恵を絞り出し、
どうすればうまくいくか
考え抜いた。

窮すれば通ずというやつで、
数ヶ月後にコツをつかみ、
1年もすれば立派な営業マン。
並の営業マンの
10人分を稼ぎだし、
その働きを認められ
3年で係長、
5年で課長、
押しも押されもしない
エースだとさ。

「島田が通った跡には、
ペンペン草も生えない」と、
同業他社の営業マンは私を
「マムシ」と呼んで恐れた。

|

« 営業の伝道師04 | トップページ | 営業の伝道師06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33609778

この記事へのトラックバック一覧です: 営業の伝道師05:

« 営業の伝道師04 | トップページ | 営業の伝道師06 »