« 頭でっかちの評論家になるな03 | トップページ | 動くからヒントを拾える01 »

2010年7月28日 (水)

頭でっかちの評論家になるな04

取引先への
宛名書きをしてたとき、
新潟県の潟の字を間違えた。
「おまえ、大学を出ていて、
こんな字も書けないのか」
いきなり
辞書を投げつけられる。
なるほど、ちょっと違う。
言い訳もできない。
同じことで
叱られたくないから、
それからは辞書を
机の上に置くようになった。

お客さまを訪問したとき、
店頭で大きな声で
あいさつした。
「客商売なんだから、
もう少し場の雰囲気を
読めないのか」
なるほど、
周囲の買い物客たちが、
一斉にこちらを見ている。
元気なら良いわけじゃない。
それから状況を観察し、
声をかけるタイミングと
立ち位置を覚えた。

うまくいかなくとも、
事実をありのままに
受けとめれば、
勢いは止まらない。
自己弁解しようとするから、
守りの姿勢になって、
ブレーキが掛かる。

|

« 頭でっかちの評論家になるな03 | トップページ | 動くからヒントを拾える01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33612672

この記事へのトラックバック一覧です: 頭でっかちの評論家になるな04:

« 頭でっかちの評論家になるな03 | トップページ | 動くからヒントを拾える01 »