« おもしろい会社ならお客さまは振り返る04 | トップページ | 儲けていかなければ会社は潰れてしまう01 »

2010年6月13日 (日)

おもしろい会社ならお客さまは振り返る05

こうしたときにも重要なのは、
会社や商品の個性を
伝えることである。
リーフレットを大量に
配布するわけにもいかないから、
コンテンツを
ホームページやPR誌へ転載し、
さまざまな表現手法を駆使しながら、
何度でも繰り返し
メッセージを発信する。

会社や商品が提案する
ライフスタイルに、
お客さまが興味を持って
反応するようになれば、
会社が大きいとか
小さいとかにかかわらず、
意識と意識が繋がる
コミュニティを形づくれる。
大きな会社のように
大量の情報を一度に
発信できないのだから、
小さな会社の営業組織は
飽きることなくコツコツと、
定期的なメッセージの発信を
継続すること。

そのうちにお客さまからの
レスポンスが戻ってきたら、
ていねいに扱って
温もりの感じられる
メッセージを返したい。
大きな会社より小さな会社のほうが
小回りが利くだけ、
お客さまと特別な関係を築くことも
スピーディに実現できる。

大きな会社が
たくさんのお客さまから支持されるなら、
小さな会社は
少人数でも密度の濃い
お客さまの支持を得よう。
そのためにもメッセージの内容が、
一人ひとりのお客さまに
具体的でわかりやすく、
身近に感じられることを
強く求められる。

|

« おもしろい会社ならお客さまは振り返る04 | トップページ | 儲けていかなければ会社は潰れてしまう01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33563267

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろい会社ならお客さまは振り返る05:

« おもしろい会社ならお客さまは振り返る04 | トップページ | 儲けていかなければ会社は潰れてしまう01 »