« 営業組織は会社の幹部に営業しているか04 | トップページ | 仕事の流れが透明な会社ほど信用される01 »

2010年5月13日 (木)

営業組織は会社の幹部に営業しているか05

営業現場を経験していなければ、
営業マンから見れば
噴飯ものの意見も数多く出される。
ひとつの専門領域を極めて
幹部に昇り詰めた人ほど、
他の領域では
常識とされていることに疎いと、
改めて驚かされるケースも少なくない。
 
うしたときに営業組織は
粘り強くていねいに説明し、
コミュニケーションの基盤を
築くことが大切。
わからないのが悪いのではなく、
わからせないのが悪いのだ。
会社の幹部の理解が足りないとしたら、
営業組織が
アピールを怠っていたと考える。

それぞれの立場を
強硬に主張するのではなく、
お互いの意見を
融合させるようになれば、
今までとまったく違う
新しい会社や商品の
値打ちを発見できる。
そのプロセスで営業組織は、
会社の幹部から
睨まれることもあれば、
怒鳴りつけられることもある。

勘違いしてならないのは、
和気あいあいと談笑するのが
コミュニケーションではなく、
切羽詰まった状況で
言葉の刃を闘わせるのが、
会社を活性化させるコミュニケーション。
会社の幹部と斬り合う決意を秘めて、
営業組織は身を捨てねばならない。

営業マンひとりでは
相手にされなくとも、
営業組織として
束になってかかっていけば、
強い立場にいる会社の幹部の
心を動かせる。
営業組織が仕掛けなければ、
皆が問題を感じていても
会社は一歩を踏み出せず、
営業マンは
孤立無援の立場に追い詰められる。

|

« 営業組織は会社の幹部に営業しているか04 | トップページ | 仕事の流れが透明な会社ほど信用される01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33555725

この記事へのトラックバック一覧です: 営業組織は会社の幹部に営業しているか05:

« 営業組織は会社の幹部に営業しているか04 | トップページ | 仕事の流れが透明な会社ほど信用される01 »