« 社長からメッセージを定期的に受けよう01 | トップページ | 社長からメッセージを定期的に受けよう03 »

2010年5月 5日 (水)

社長からメッセージを定期的に受けよう02

社長が毎朝メールを発信して、
それを開くことから
一日がスタートする会社もある。
全社員の机に
パソコンが置かれているなら、
社内RANで繋げば
コストもかからないけれど、
どこの会社でも
すぐに真似られないのも事実。

一番簡単なのは週単位で、
社内報を作成することだ。
印刷された立派な社内報でなく、
会社の最新情報と
社長のコメントだけを載せたもの。
それを部署ごとに配布し、
全員に回覧させる。
部署内にファイルされるから、
営業マンはいつでも読み返せる。

社長のコメントは、
まとまった文章でなくとも良い。
「苦しい状況だが、
皆さんには頑張ってほしい」
と記されていれば、
全社員はここが正念場と奮い立つ。
「売上が落ちているのが気にかかる」
と書かれていたら、
営業マンは日々の仕事を
真剣に問い直す。

大切なのは、
社長の言葉を
ストレートに伝えること。
とりわけ営業という組織では、
営業マンは
朝から晩まで会社を離れるから、
社長を遠い存在のように思ってしまう。
社史や資料で調べた社長の人物像は、
頭の中で理解できても、
皮膚感覚までは染み渡らない。

|

« 社長からメッセージを定期的に受けよう01 | トップページ | 社長からメッセージを定期的に受けよう03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33555618

この記事へのトラックバック一覧です: 社長からメッセージを定期的に受けよう02:

« 社長からメッセージを定期的に受けよう01 | トップページ | 社長からメッセージを定期的に受けよう03 »