« パブリシティと広告宣伝のシナジー効果04 | トップページ | インターネットはコンテンツ更新が大事01 »

2010年4月 6日 (火)

パブリシティと広告宣伝のシナジー効果05

小さな会社の営業組織ほど、
大きな会社の二番煎じをするなら、
時間もお金も
無駄になると考えたほうが良い。
大きな会社でも二番手、三番手が
リーディングカンパニーを真似れば、
テレビCMや新聞広告に刺激を受けた
お客さまのほとんどは、
リーディングカンパニーの商品を買う。

ビール会社のテレビCMで、
バーベキューを食べながら
ビールを飲み干す映像を流せば、
視聴者はビールを飲みたいと思うけれど、
その会社のその商品を選ぼうとはしない。
いつも飲み慣れているビールと、
どこが違うか伝わってこないからだ。

同じようなことをやっていないか、
小さな会社の営業組織は検証すること。
大きな会社が最初に提唱した
競合商品のコンセプトを踏襲し、
会社の商品の特長とすり替えたことに
気づかないケースは意外と多い。
機能や効用は同じでも、
まったく別の角度から
商品を捉え直さなければ、
知名度も実績もある大きな会社と
勝負にならないに決まっている。

広告宣伝やパブリシティを活用するのは、
会社の知名度を高めるためでなく、
会社や商品のコンセプトを噛み砕いて、
ターゲットへ問題提起するためである。
そのインパクトが強ければ
ターゲットを振り向かせ、
知名度が高まるという結果を導き出す。

|

« パブリシティと広告宣伝のシナジー効果04 | トップページ | インターネットはコンテンツ更新が大事01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33553963

この記事へのトラックバック一覧です: パブリシティと広告宣伝のシナジー効果05:

« パブリシティと広告宣伝のシナジー効果04 | トップページ | インターネットはコンテンツ更新が大事01 »