« インターネットはコンテンツ更新が大事05 | トップページ | 読んでもらえるPR誌やフリーペーパー02 »

2010年4月12日 (月)

読んでもらえるPR誌やフリーペーパー01

ホームページに
アクセスするには、
パソコンや携帯電話で
インターネットを
使わねばならないが、
現状では誰もが気軽に
パソコンに接しているわけではない。
そのような視点で捉えれば、
紙に記された印刷物は強い。
どのような層がターゲットでも、
人の目を通して伝えられる。

営業マンが使い慣れている
カタログやパンフレットも
紙に印刷されているから、
お客さまに説明するときに
余計な手順を踏まず
コミュニケーションをとれる。
パンフレットを開いて
目に飛び込んでくる
文字や写真やイラストは、
すぐにその場で
何を伝えているかがわかる。

それだけに
個性的に表現されていなければ、
いつまでもお客さまの関心を
繋ぎ止められない。
どこかで読んだようなコピーや
使い回されたような
写真やイラストでは、
会社や商品に
オリジナリティがない印象を受けて、
営業マンの言葉も煩わしく
退屈なものに聞こえてくる。

|

« インターネットはコンテンツ更新が大事05 | トップページ | 読んでもらえるPR誌やフリーペーパー02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33554255

この記事へのトラックバック一覧です: 読んでもらえるPR誌やフリーペーパー01:

« インターネットはコンテンツ更新が大事05 | トップページ | 読んでもらえるPR誌やフリーペーパー02 »