« イベントを展開するなら人を寄せつけろ06 | トップページ | 社長を会社の広告塔として徹底的に使え02 »

2010年4月29日 (木)

社長を会社の広告塔として徹底的に使え01

会社の名を広く
世間に知らせるには、
社長の露出度を高めるのが
最も効果的。
社長の顔は会社を象徴的に表すから、
お客さまの記憶の中に刷り込めば、
会社も同時に
忘れられない存在になる。
社長と会社は
イコールで繋がれている。

実際に大きな会社の
社長を思い浮かべても、
顔と名前が一致すれば
会社もすぐにわかる。
ほとんどの会社は有名でも、
社長の名までは覚えていないものだが、
社長の顔と会社が重なる場合には、
強烈な印象を刻みつけると理解できる。

それだけでなく社長は、
会社にとって
最も望ましいスポークスマン。
誰よりも会社と商品の素晴らしさを知り、
飽きることなく情熱的に語ってくれる。
誰と話しているときでも、
会社を批判するようなことは絶対にない。
営業組織には頼もしい存在である。

本を出したり講演したり、
社長の行動は世間からは
会社の姿として映るから、
営業組織は積極的に
社長を前面に押し出すことで、
会社や商品の値打ちを高めることである。
社長に対する
世間の評価が高まるほど、
営業マンはお客さまに
商品を売りやすくなる。

|

« イベントを展開するなら人を寄せつけろ06 | トップページ | 社長を会社の広告塔として徹底的に使え02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33555328

この記事へのトラックバック一覧です: 社長を会社の広告塔として徹底的に使え01:

« イベントを展開するなら人を寄せつけろ06 | トップページ | 社長を会社の広告塔として徹底的に使え02 »