« 売れる営業マンほど他社に引き抜かれる05 | トップページ | お客さまに同じ営業品質を提供できるか02 »

2010年3月 8日 (月)

お客さまに同じ営業品質を提供できるか01

どこの会社でも
営業マンのレベルは
同じではないから、
担当するテリトリーによって
凸凹が生まれる。
強い営業マンが担当する地区は
お客さまが密集し、
逆の場合には疎らにならざるを得ない。
お客さまは営業マンのレベルが低ければ、
会社からの情報を得るチャンスを失う。

営業マンがアプローチで失敗すれば、
お客さまは会社からのメッセージを
ほとんど受け取れない。
会社や商品に対する
関心も喚起されないから、
ホームページで情報を公開していても、
アクセスする気にならない。
DMやPR誌を送られても
読まずに捨てる。

気の利いた営業マンであれば
会社のプロモーション計画を、
先回りしてお客さまへ告知する。
数ヶ月先までの販売展開を相談し、
無理のない商品を無駄なく揃えれば、
お互いに安定した売上を確保できる。
状況が変われば電話一本で、
基本計画を修正すれば
確実性は増す。

|

« 売れる営業マンほど他社に引き抜かれる05 | トップページ | お客さまに同じ営業品質を提供できるか02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/33548463

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまに同じ営業品質を提供できるか01:

« 売れる営業マンほど他社に引き抜かれる05 | トップページ | お客さまに同じ営業品質を提供できるか02 »