« 社長の代理人として考え行動しているか02 | トップページ | 社長の代理人として考え行動しているか04 »

2010年2月18日 (木)

社長の代理人として考え行動しているか03

営業組織は基本的に
営業マンの私生活に
干渉する必要はないが、
悪い評判を耳にしたら
間髪入れず
真偽を確かめておくことだ。

消費者ローンから返済の督促が
会社に入るようになれば、
営業マンは数人のお客さまから
お金を借りて
迷惑をかけているかもしれない。

男と女の話と聞き流していたら、
人妻と不倫したあげくの果てに
亭主に怒鳴り込まれ、
業界に噂話が広められた
というケースもある。
インターネットで
会社名を特定されたら、
商品の不買運動に
繋がる可能性もある。
不倫は文化などと開き直っても、
お客さまには通用しない。

お客さまとの商談がうまくいかず
捨て台詞を吐いたり、
恫喝するような態度をとれば、
お客さまから
クレームをつけられなくとも、
営業マンより
会社に悪い評判が立つ。
世間の目で見れば
営業マンと会社は同じであり、
会社が営業マンに
言わせているように受け取られる。

こうしたことを
バカバカしいと軽く扱わず、
営業マンのモラルを
一定水準に保つことが肝心。
営業マンの行動を
逐一監視するわけには
いかないのだから、
世間一般で常識とされている
ものの見方考え方を身につけさせ、
後ろ指をさされないように
釘を刺すことだ。

|

« 社長の代理人として考え行動しているか02 | トップページ | 社長の代理人として考え行動しているか04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/31727812

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の代理人として考え行動しているか03:

« 社長の代理人として考え行動しているか02 | トップページ | 社長の代理人として考え行動しているか04 »