« 新しいお客さまを探す努力をしているか01 | トップページ | 新しいお客さまを探す努力をしているか03 »

2010年1月23日 (土)

新しいお客さまを探す努力をしているか02

営業組織はこうした問題を
一挙に解決できなくとも、
放置したまま
見過ごしてはならない。
どこに問題があるかを
明らかにして、
営業マンに速やかな
改善を迫ると共に、
フラットな関係を築ける
新しいお客さまを
探すことが肝心である。

今までのお客さまにしても
新しいお客さまの出現を知れば、
営業マンとの関係を修復するか、
それとも清算するのか、
決断しなければならない。
強いインパクトを与えなければ、
営業マンもお客さまも
衝撃を受けず、
既成事実の上に
胡座を掻いて疑わない。

営業組織は会社にとって
最適なお客さまとの関係を、
具体的にわかりやすく
一人ひとりの営業マンに示すことである。
営業マンの意識が変わらねば、
お客さまとの関係は改善されない。
ビジネスの人間関係は
好き嫌いで成り立っていないと、
ていねいに説明するのが最初の作業。

お客さまに
イニシアティブを握られていたら、
営業マンはヘビに睨まれたカエル。
会社とお客さまの板挟みになり、
身動きがとれなくなる。
担当を替えたにしても
お客さまの意識は同じだから、
双方の主張は
平行線のまま交わらない。

|

« 新しいお客さまを探す努力をしているか01 | トップページ | 新しいお客さまを探す努力をしているか03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/31726223

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいお客さまを探す努力をしているか02:

« 新しいお客さまを探す努力をしているか01 | トップページ | 新しいお客さまを探す努力をしているか03 »