« お互いの仕事がわからねば束になれない02 | トップページ | お互いの仕事がわからねば束になれない04 »

2009年12月25日 (金)

お互いの仕事がわからねば束になれない03

営業マンは
お客さまから頼み込まれると、
よく確かめもしないで
安請け合いする。
二〇〇個を出荷できないのが
人員不足なら、
お客さまに事情を説明して
納品日を二回に分けるしかない。
運搬するトラックがなければ、
お客さまに
引き取りに来てもらう方法もある。

問題が恒常的に発生するなら
抜本的な解決を迫られるが、
偶発的なものなら
対症療法で
切り抜けられるかもしれない。
大上段から正論を振りかざし、
一挙に問題解決を図ろうとするより、
実情を理解したうえで
現実的な優先順位を示したほうが
協力を得やすい。

そのためにも
営業の仕事が成立する背景を、
基本としてシッカリ
押さえることが重要である。
だからといって
深く掘り下げていたら、
営業マンの本業が
疎かになりかねない。
お互いに納得できるように
話し合える基盤をつくったうえで、
餅は餅屋と専
門領域を尊重することだ。

|

« お互いの仕事がわからねば束になれない02 | トップページ | お互いの仕事がわからねば束になれない04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/31723549

この記事へのトラックバック一覧です: お互いの仕事がわからねば束になれない03:

« お互いの仕事がわからねば束になれない02 | トップページ | お互いの仕事がわからねば束になれない04 »