« 経営意思は現場へ伝えられているか10 | トップページ | 経営意思は現場へ伝えられているか12 »

2009年11月10日 (火)

経営意思は現場へ伝えられているか11

社員に定期的に配布される社内報も、
経営意思を伝える大切な情報源です。
社外で働くことの多い営業マンには、
企業という組織の横の繋がりを意識させ、
他の部署への配慮が芽生えます。
孤立無援の被害者意識が薄れます。

経営者が書いた文章には、
どんな内容のものでも
強い関心を抱きます。
自分が闘う旗印が
どこを向いて何を考えているのか、
知りたいと思うのが人情です。
取引先や顧客との
雑談のネタとしても貴重です。

企業のホームページにアクセスするのは、
企業に関わる人が
圧倒的に多いことを考えれば、
ホームページのコンテンツを利用して、
経営者のメッセージを伝えるのも有効です。
とりわけ若い世代が多い企業では、
社史や社内報より伝わりやすいかもしれません。
毎朝メールを送信する経営者もいます。

社員がホームページにアクセスしても、
基本的にレスポンスは戻しませんから、
手応えを感じないのは確かです。
しかし重要な部分をコピー&ペーストして、
何度も読み返す社員もいます。
IR情報にも目を通しています。

すべての経営者にできることではありませんが、
極めつけなのが
単行本を出版することです。
これは顧客や取引先への訴求効果も高く、
経営者の想いを
余すところなく表現しますから、
社会的にも評価されます。

|

« 経営意思は現場へ伝えられているか10 | トップページ | 経営意思は現場へ伝えられているか12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/31580987

この記事へのトラックバック一覧です: 経営意思は現場へ伝えられているか11:

« 経営意思は現場へ伝えられているか10 | トップページ | 経営意思は現場へ伝えられているか12 »