« オンリーワンのメッセージ発信09 | トップページ | オンリーワンのメッセージ発信11 »

2009年11月23日 (月)

オンリーワンのメッセージ発信10

基本的には営業としての
適性を測るのではなく、
組織全体にとって
必要な人材か否かを判断し、
コア人材として成長する
資質を持っているなら教育し、
自分を高める意欲と
可能性を失っていれば
お引き取り願うのが筋でしょう。

強い精神力を初めとして、
卓越したコミュニケーション能力や
営業企画力、営業交渉力などは、
間違いなく売上を稼げる
営業マンになる素地ですが、
それを他の業務に活かせないような人材は、
コア人材として組織を支えられません。

そこを見極めるのが、経営者の視点です。
営業から異動しても役に立つ人材を
中心に据えなければ、
変化する状況に臨機応変な判断を下し、
スピーディに行動する営業組織は創れません。

組織営業のスタイルは、
企業の中のコア人材の能力で決まります。
ホームページを立ち上げればならないとか、
PR誌を定期的に刊行しなければならないとか、
そうした固定観念は取り外したほうが賢明です。
営業展開のうえでどうしても必要なら、
その時点で人材を育てても間に合うのです。

企業という組織と
価値観を共有するコア人材であれば、
さまざまなアウトソーシングを活用しても、
経営意思の根本を貫き通しますから、
企業メッセージが
ぶれることはありません。
売るだけのスキルは
組織営業には不要です。

|

« オンリーワンのメッセージ発信09 | トップページ | オンリーワンのメッセージ発信11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/31581233

この記事へのトラックバック一覧です: オンリーワンのメッセージ発信10:

« オンリーワンのメッセージ発信09 | トップページ | オンリーワンのメッセージ発信11 »