« ザッポスの奇跡04 | トップページ | オンリーワンのメッセージ発信04 »

2009年11月16日 (月)

オンリーワンのメッセージ発信03

ブランドが知名度ではないと踏まえれば、
イメージを描くことより、
企業が必要とするコア・ターゲットに、
わかりやすいメッセージを伝えることが
優先されるとわかります。
先方が何を重視しているかで、
メッセージの内容は異なります。
どのような手法を選ぶかも変わります。

大切なのは
顧客や取引先の価値観に対応し、
最適なメッセージを
適切な時機に送ることです。
自社の価値観だけに縛られていると、
サプライヤーロジックに
陥るので要注意です。

コア・ターゲットへ
最適なメッセージを送るのは、
たとえばスーパーマーケットなら、
テレビCMや
雑誌広告より折り込みチラシのほうが
訴求効果は高いということです。
チラシのサイズやカラーから、
商品の掲載位置まで、
充分に計算されて
メッセージは届けられます。

販売価格を羅列する従来の手法が、
これから先も有効とは断言できません。
すでに調理レシピを掲載したり、
イベントを案内したり、
ときにはライフスタイルを提案したり、
さまざまな試みがなされています。

大切なのはコア・ターゲットが、
何を望んでいるかを知ることです。
販売価格だけを
前面に打ち出していけば、
際限ないプライスダウンの
競争に勝ち抜くしか、
企業が存続する道は
残されない結論に達します。

|

« ザッポスの奇跡04 | トップページ | オンリーワンのメッセージ発信04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/31581034

この記事へのトラックバック一覧です: オンリーワンのメッセージ発信03:

« ザッポスの奇跡04 | トップページ | オンリーワンのメッセージ発信04 »