« 問題解決の基本サイクル06 | トップページ | 問題解決の基本サイクル08 »

2009年7月14日 (火)

問題解決の基本サイクル07

美術館や博物館に足を運び、
芸術作品や歴史遺産を
目にするのも効果的です。
ふだんは利益と品質の数字を
行ったり来たりしていますが、
日頃は縁のない世界から
人間を捉え直すことで、
ビジネスで見落としているところが
わかってきます。

仕事の経験を積んだベテランほど、
いつの間にか袋小路に迷い込み、
問題の所在に気づかないことが多いのは、
思考回路が閉ざされているからです。
従来のパラダイムに風穴を開けて、
仕事に対して
新鮮な気持ちで取り組まなければ、
問題解決のサイクルから弾かれます。

フレキシビリティを失って困るのは、
自分ひとりだけではありません。
肩書が重くなればなるほど
周囲に対する影響力も
大きくなりますから、
改善を提案されても
問題の本質が把握できずに、
組織革新に対する
障害になりかねません。

だからといって
経験の浅い部下の提案を鵜呑みにして、
ハンコを押しているだけなら、
経営者にすれば
高い給料は支払えないのです。
今までの会社への貢献を
貯蓄のように考えて、
泰然と椅子に座っていられる
時代ではありません。

知識や経験を積み重ねてきた人ほど、
今までの自分を一度リセットして、
新たな気持ちで
仕事に取り組まなければ、
リーダーシップを
発揮できないと考えましょう。
会社の問題点を部下に問い質して、
問題点はあなたと指摘されるようでは
洒落にもなりません。

|

« 問題解決の基本サイクル06 | トップページ | 問題解決の基本サイクル08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/30356026

この記事へのトラックバック一覧です: 問題解決の基本サイクル07:

« 問題解決の基本サイクル06 | トップページ | 問題解決の基本サイクル08 »