« 情報の受け方、流し方07 | トップページ | 問題解決の基本サイクル02 »

2009年7月 8日 (水)

問題解決の基本サイクル01

さまざまな情報をコントロールするのは、
知的好奇心からではありません。
実際に仕事に活かさなければ、
情報は鮮度を保てず価値を失います。
目の前の壁を破るために、
情報は強力な武器のひとつです。
仕事で大切なのは、
それぞれの問題を解決することです。

上司から言われたことをやっているうちは、
仕事のおもしろさはわかりませんが、
自分で仕事を創り出すようになると、
おもしろさがわかる反面、
さまざまな問題にぶつかります。
逆に言えば、仕事の中から
問題を発見できるようにならなければ、
仕事のおもしろさも
わからないということです。
本気で仕事に向かい合うから、
問題点が見えてくるのです。

たとえば報告書が書きにくかったり、
他のセクションとの連絡が
うまくとれなかったり、
帳票類が読みづらく数字を誤ったり、
仕事をしていると
不便を感じることが少なくありません。
このときに疑問を感じるか否かが、
問題を発見できる人と
できない人の差になります。

|

« 情報の受け方、流し方07 | トップページ | 問題解決の基本サイクル02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/30355972

この記事へのトラックバック一覧です: 問題解決の基本サイクル01:

« 情報の受け方、流し方07 | トップページ | 問題解決の基本サイクル02 »