« 時間をコントロールしよう08 | トップページ | 情報の受け方、流し方02 »

2009年7月 1日 (水)

情報の受け方、流し方01

時間を有効に活かすには、
的確な情報をキャッチして
上手に使いこなすことが必要です。
誰も知らない情報を手に入れたら、
ライバルに一歩先んじて、
仕事のイニシアティブを握れます。
情報とは
変化を予兆するシグナルですから、
誰もが欲しがるのは当たり前でしょう。

情報収集が難しいのは、
鮮度が新しい情報は信頼性が薄く、
間違いのない情報は
周知の事実になっていることです。
お客さまが漏らした言葉を聞き逃さず、
ビジネスに活かせればベストなのですが、
往々にして情報に
掻き回されるだけの結果に終わります。

生の情報を手に入れるには、メ
モを取るクセをつけることです。
ビジネス現場で気になった言葉でも、
数時間を経過すると
記憶に残らないのが普通です。
メモに書き込んでおけば、
後で調べたり整理することで、
ビジネスチャンスを大きく膨らませます。

メモは
情報カードとしての役割も果たします。
一つひとつのメモには
それほど深い意味がなくとも、
全体を包括して捉え直すと
大きな問題を提示していることがあります。
お客さまとの会話を書きとめて、
取引先の倒産を
事前に察知したというケースもあります。

|

« 時間をコントロールしよう08 | トップページ | 情報の受け方、流し方02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/29907739

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の受け方、流し方01:

« 時間をコントロールしよう08 | トップページ | 情報の受け方、流し方02 »