« 説得・交渉の達人になろう04 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう06 »

2009年6月11日 (木)

説得・交渉の達人になろう05

説得がひと筋縄でいかないのは、
人間は理屈で納得しただけでは
行動を起こさず、
感情で納得して
初めて行動を起こすからです。
頭ではわかっていても、
心が動かないというわけです。
四角四面のロジックで
説き伏せるだけでは、
仕事を進めることはできないのです。

相手の感情に訴えることが重要になりますが、
そのためには自分自身の
感性を磨いておくことが大切です。
喜怒哀楽の感情を相手と共有できなければ、
シンパシーを与えることはできません。
小説を読んだり、映画を観たり、
人情の機微に触れておきましょう。

ネガティブな言葉づかいを
できるだけ避けて、
ポジティブに相手の心を
奮い立たせるのも効果的です。
説得する言葉の中に勇気を感じたら、
前向きな結論へ導かれていきます。
後ろ向きなイメージを与えたら、
次の一歩がなかなか踏み出せません。

プレゼンテーションの技術を身につけて、
さまざまなツールを縦横無尽に駆使し、
相手のイマジネーションを刺激しましょう。
説得する内容によっては、
ビジュアルで表現するという手もあります。
あらゆる角度から攻め込んで、
相手の同意を得ることです。

|

« 説得・交渉の達人になろう04 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/29907136

この記事へのトラックバック一覧です: 説得・交渉の達人になろう05:

« 説得・交渉の達人になろう04 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう06 »