« 説得・交渉の達人になろう02 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう04 »

2009年6月 9日 (火)

説得・交渉の達人になろう03

苦手な仕事を頼まれたときは、
自分の力が及ばないことを告げたうえで、
適任者に引き合わせるのが最善の策です。
自分の得意分野を相手に耳打ちし、
できることは協力すると伝えておけば、
人間関係にも角が立ちません。
一方的に断るだけでは芸がありません。

それでは上司から急に残業を命じられ、
デートの予定が入っているときは、
どのように対処すれば良いのでしょうか?

教科書通りに考えれば
業務命令に従うべきでしょうが、
それでは心が波立って
ストレスが溜まります。
緊急の仕事でなければ、
上手に断りましょう。

こんなときには
内情を明かすことはないのです。
「どうしても外せない
用事がありますので、
今日は失礼させていただきます」
そう言って上司が納得してくれたら、
プライベートを優先させても構いません。
ただし毎度同じことを繰り返すと、
周囲からの信頼を失います。 

人を説得するには、
それなりのステップを踏むことが必要です。
相手の心の動きにあわせて、
適切な説得を試みなければ、
YESを導き出すことはできません。
このときに
マーケティングで用いられる
アイドマの法則が、
有効なヒントを示唆してくれます。

|

« 説得・交渉の達人になろう02 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/29907117

この記事へのトラックバック一覧です: 説得・交渉の達人になろう03:

« 説得・交渉の達人になろう02 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう04 »