« 報連相がピンチを救う08 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう02 »

2009年6月 7日 (日)

説得・交渉の達人になろう01

人間関係でイニシアティブを握るには、
ルーチンの仕事を効率よく
こなしているだけでは不充分です。
自分の意見を積極的に主張して、
周囲の賛同を得なければ、
思い通りに仕事は進められません。

そのためには説得力、交渉力を
身につけることが一番の早道です。

たとえば仕事をたくさん抱えて
立ち往生しているときは、
周囲に協力してもらわなければ
ニッチもサッチもいきません。
だからといって下手な頼み方をすれば、
ていよく断られるのがオチです。
相手をその気にさせるにも、
説得力が必要になります。

ふだんから
自分のことは後回しにして、
周囲に役立つよう考えることです。
同僚が重い荷物を運んでいたら、
仕事の手を休めて手伝ったり、
部下や後輩の仕事が遅れていたら、
一緒に残業して片付けたり、
そうした小さな積み重ねが
説得の土壌を耕します。

いつも自分勝手に
行動している人から、
突然頼み事をされても、
都合の良いときだけ
人を頼りにするなと、
反発を感じるでしょう。
自分がそう感じるなら、
他の人も同じように
受けとめるのです。
その場凌ぎの言葉を繋ぐだけでは、
人の心は動かせません。

|

« 報連相がピンチを救う08 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/29907101

この記事へのトラックバック一覧です: 説得・交渉の達人になろう01:

« 報連相がピンチを救う08 | トップページ | 説得・交渉の達人になろう02 »