« 仕事の基本を考える03 | トップページ | 仕事の基本を考える05 »

2009年5月 9日 (土)

仕事の基本を考える04

就職してからすぐに、
私が不器用であることは、
社内で知らない人はいなくなっていました。
その頃オフィスコンピュータが
導入されたのですが、
私はコンピュータの半径1m以内に
近づくことを禁じられました。
まるでストーカー扱いです。

そんな私ですが、
最初に配属された営業の仕事では、
お客さまに可愛がられたこともあって、
25歳で係長、28歳で課長と
順風満帆の仕事ぶりでした。

ところが30歳になったとき、
いきなり総務部への
異動を命じられました。
会社の業績が好調だったこともあり、
「就業規則」を
全面的に見直そうというのです。
私は毎日のように図書館に通い、
法律書を初めとする
専門書と首っ引きになりました。

四苦八苦して
新しい就業規則を完成させると、
次は経理の仕事が遅れているという話です。
私の会社では月次決算を行っていたのですが、
3ヶ月分が滞っているので
何とかしろと命じられました。
触ってはいけないと言われたコンピュータと
向かい合わざるを得ません。

|

« 仕事の基本を考える03 | トップページ | 仕事の基本を考える05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/29442565

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の基本を考える04:

« 仕事の基本を考える03 | トップページ | 仕事の基本を考える05 »