« 組織営業へのプログラム03 | トップページ | 仕事の基本を考える01 »

2009年5月 5日 (火)

組織営業へのプログラム04

組織営業という
固定観念に縛られず、
経営の意思を
全社で伝えるために、
今何ができるか考えることです。

ムリに背伸びして形を整えても、
営業マンの意識が変わらず
足腰が付いてこなければ、
どんな構想も
企画倒れに終わるしかありません。

組織営業の要諦は、
個人を尊重する経営姿勢です。
今まで生み出してきた
セオリーやヒストリーも、
過去のものと切り捨てず、
時代状況の変化に対応し
エッセンスだけを抽出すれば、
過去の遺産は未来の財産として甦ります。

個人の意見や発想も、
鋳型にはめようと押さえつけるより、
組織のキャパシティを広げて活用するほうが、
どのような状況にも堪えられる
粘り強い組織へ繋がります。
個人を大切に扱う組織には
優秀な人材が集まり、
自律的に組織を発展させます。

会社という組織の価値を明らかにして、
長期的な未来ビジョンを掲げ、
目標とする組織に
必要な人材を育成するのが、
組織営業を根付かせる
基本的な手順です。
組織そのものを革新しようとせず、
組織営業へ転換しようとしても
ムリというものです。

皆さまがそれぞれの現場で、
何から手を付ければ良いのか、
こうした視点から考えてください。
具体的なご相談があれば、
親身になって承ります。
一番最初に求められるのは、
皆さま一人ひとりが会社の未来を信じ、
全力を傾けて価値を浸透させることです。

|

« 組織営業へのプログラム03 | トップページ | 仕事の基本を考える01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/28918745

この記事へのトラックバック一覧です: 組織営業へのプログラム04:

« 組織営業へのプログラム03 | トップページ | 仕事の基本を考える01 »