« 経営資源の効果的な活用02 | トップページ | 経営資源の効果的な活用04 »

2009年4月14日 (火)

経営資源の効果的な活用03

社内の優秀な人材を
前面に打ち出し、
お客さまにアピールするのも
効果的です。
新商品の説明会を開くなら、
企画開発の担当者に
プレゼンテーションしてもらえば、
お客さまに伝わる迫力が違います。
技術担当者と同行し、
クロージングへ持ち込む策もあります。

それと同時に
社内のコミュニケーションを活性化し、
相互理解と向上心を磨き合えば、
会社全体のスキルやノウハウが
レベルアップするだけでなく、
新しい発想のヒントが次々と生まれます。
組織を縦断する
プロジェクトも立ち上げやすくなります。

モノやカネは使えば目減りしますが、
人材はますます価値を高めていきます。
強い営業組織の前提になるのが
優秀な営業マンであるように、
競合他社との闘いに
勝ち残る会社へ成長するには
優秀な人材が鍵を握っています。
同じ釜の飯を食べている仲間を
冷静に評価して、
組織の戦力へ転換する
プロデュースが求められています。

|

« 経営資源の効果的な活用02 | トップページ | 経営資源の効果的な活用04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/28918026

この記事へのトラックバック一覧です: 経営資源の効果的な活用03:

« 経営資源の効果的な活用02 | トップページ | 経営資源の効果的な活用04 »