« 当事者意識のインプリンティング03 | トップページ | 当事者意識のインプリンティング05 »

2009年3月31日 (火)

当事者意識のインプリンティング04

営業マンが行動を起こすには、
組織全体のスケジュールが
基準になります。
フルコミッションの雇用形態でなければ、
営業会議やDMの送付など
全体で取り組む仕事を優先し、
その後にそれぞれの
訪問スケジュールを
組み込むのが一般的です。

月初めや週初めに
朝礼やミーティングの場で、
上司は組織全体の予定を
一方的に伝えます。
それぞれに役割を振り分けたら、
後は営業マンに任せてしまう
上司も少なくありません。
個々の訪問予定に頓着せず、
ムリ・ムダ・ムラを
放置することになりかねません。

営業マンにしてみれば、
最優先事項は
自分の売上目標です。
営業会議や共同作業に
時間を割かれると、
肝心要の
お客さまを訪問する時間を奪われます。
常に数字に追われる気分に襲われ、
社内での仕事にケアレスミスが頻発します。

|

« 当事者意識のインプリンティング03 | トップページ | 当事者意識のインプリンティング05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/28449605

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者意識のインプリンティング04:

« 当事者意識のインプリンティング03 | トップページ | 当事者意識のインプリンティング05 »