« 経営目標のブレイクダウン02 | トップページ | 経営目標のブレイクダウン04 »

2009年3月25日 (水)

経営目標のブレイクダウン03

数字に追われる毎日では、
営業マンの自助努力にも
限界があります。
最適のテキストに出会えたとしても、
読みこなすだけの
余力が残っていません。
そうしたときには
外部の専門家を活用し、
研修セミナーを
実施するのも効果的です。

同じ内容を伝えられても、
ふだんから顔を合わせている
上司から語られるのと、
外部の専門家の口から
発せられるのでは、
受け取る側の新鮮さが違います。
ビジネスマナーの基本などは、
上司から聞くと
叱られているとしか思えないのに、
インストラクターに指摘されると
素直な気持ちで
改められるから不思議です。

上司にしても外部からの刺激は、
目から鱗の剥がれることが多いようです。
たとえ1日の研修セミナーでも
気持ちがリフレッシュして、
闘うヒントを示唆されます。
長期的なコンサルティングを受けられるなら、
人材育成は
間違いなくスピードアップします。

全社的な仕事の流れを理解させ、
価値観を共有することを目的に、
ジョブローテーションを
採用している会社も少なくありません。
こうしたケースでは
営業という仕事に打ち込めず、
次の異動まで
やり過ごそうとする人も現れます。
上司にとって頭の痛い問題です。

|

« 経営目標のブレイクダウン02 | トップページ | 経営目標のブレイクダウン04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/28449563

この記事へのトラックバック一覧です: 経営目標のブレイクダウン03:

« 経営目標のブレイクダウン02 | トップページ | 経営目標のブレイクダウン04 »