« 情報トランスレーションの提唱04 | トップページ | SFAの基礎知識01 »

2009年2月20日 (金)

閑話休題

昨日で、「新規開拓プログラム」を終えて、
明日から「組織営業へ転換するヒント」。
しばらく過去の研修を振り返り、
基本を捉え直していく。

昨年の暮れに勧められて、
ワインバーグの『スーパーエンジニアへの道』
きっちり読ませていただいた。

目から鱗で発想を切り換えたが、
繰り返し読んでるうちに、
これは技術系リーダーの問題というより、
マネジメントとリーダーシップに関わる
根本的な問題と気づいた。

今のところ私の仮説だが、
企業経営では両者を切り分けられず、
企業を支える中枢に対して、
適切な教育を実施できなかった。

詳しい内容を述べるのは差し控えるが、
リーダーとマネージャーは同義でない。
リーダーの役割は
組織の成長と発展の原動力。
マネージャーの役割は、
組織を維持するための座標軸。
同じ人が担当しても差し支えないが、
切り分けないとマイナスをもたらす。

戦略の規範を軍事に求めるのも、
これからの時代には適応しない。
上からシャワーを浴びせても、
階層ごとに飛び散って、
末端まで意思は伝わらない。

こうした問題を解決するためのプログラムを、
全身全霊を傾けて開発途上。
少しばかり時間が掛かってるけど、
仕上がれば画期的な研修を実現。
他にもいろいろと脳内活性化。
そのうちにお披露目できるかも。

|

« 情報トランスレーションの提唱04 | トップページ | SFAの基礎知識01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/27702572

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題:

« 情報トランスレーションの提唱04 | トップページ | SFAの基礎知識01 »